教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



高谷先生壮行会・循環器内科医局送別会を開催しました
3月も最終週になりました。時間にも心にも余裕がなく、ブログも更新できませんでした。
やっと、年度末の事務仕事や内科専門医プログラムの登録もほぼ終了し、少し余裕がでてきました。
29日は、病棟医長として活躍してくれた高谷先生の壮行会を開催しました。 
医局から関連病院に出張する先生方の送別会も兼ねており、みなさんに一言、お話しいただきました。
最後は、胴上げになり楽しい会を終了しました。
IMG_0114.jpg
IMG_0112.jpg
IMG_0119.jpg


心に余裕を持ちたいものです
 年度末の医局の仕事と、内科専門医プログラムの調整、その他の様々な事象が重なり、かなりしんどい日々が続いていましたが、なんとなく目処がたった感じです。 
 次の週末は、日本循環器学会で仙台に行く予定です。今回は、しっかり勉強するつもりで予定をたてましたが、気分転換になればうれしいです。 あ〜、一応プレゼンもありました。
 仙台は、新しい地下鉄東西線が開通しており、会場の裏まで地下鉄で移動可能になっているはずです。寒くなければうれしいのですが..... ty

新年会(呼吸器内科・循環器内科・第一内科)
 恒例の旧第一内科の新年会を開催しました。 例年よりも多くの先生方にご参加いただきました。 この2/11(祝)の旧第一内科の宴会は、この日に開催することが決まっております。 循環器内科・呼吸器内科の若手の先生方も、ご参加いただけます。 
 今年は、関連病院会議を午後に開催し、その後にこの新年会を企画しました。 私は少し疲れましたが、先輩や同僚の先生とお会いできてよかったです。
 同門会
 循環器内科は、9月に同門会総会を開催しますので、そちらを中心に関連の先生に参加いただきたいと思っております。 また、案内をさせていただきますので、9月3日(土曜日)は空けておいてください。 ty

忘年会
 2015年の医局忘年会を開催しました。診療に関しての新規体制の発表があり、(私も)びっくりしましたが、研修医の先生のダンスやチューベンの先生方の企画してくれた色々なゲームで楽しめました。
 この写真の中の誰かが、次期病棟医長になります。 みんなで、がんばりましょう。 ty
IMG_0029.jpg

 

師走
 12月になりましたね。本当に時間の経つのは速いです。 循環器内科の忙しくなる季節になってきました。 がんばりましょう。 
 12月の予定や近況を書いておきます。 本年度から、医学部4年生で行うチュートリアル教育が、症候別に変わって提供されることになっています。 正直、今までよりも濃い内容で、内科医の立場から言うと良い教育になっています。 循環器内科は、もともとチュートリでかなりの勉強量を要求していましたので、我々の受ける印象はあまり変わりないのですが、その他の症候に関しては、まちがいなく量も内容もレベルアップしています。 学生さんには、消化不良にならないように、頑張って欲しいと思ってしまいます。 循環器内科の若手の教官も、かなりの症候で中心的な役割を担いながら新しいシナリオ作成を含めた講義の担当をしています。 是非、分かり易く、自分が学生の時のことも考えた情報提供をお願いしたいと思います。 
 来週12/10~12は、神戸ポートアイランドで循環器関連の少し小さめの学会4つが、合同で同時開催されます。CVMW2015とGoogleかYahooで調べると出てきます(心血管代謝週間と銘打っての開催です)。 一つ分の参加費用で、4つのタイプの異なる循環器の勉強ができる、大変お得な学会になっています。 個人的には、こういう企画は大歓迎です。 私も参加させていただきます。 
 12月17日(木曜日)には、医局の忘年会をします。 関係医師は、積極的に参加をお願いします。 
 12月26日(土曜日 午後2時からの予定)は、大学の神緑会館で循環器内科の基礎・臨床の合同の研究発表会をします。大学で、行っている研究を見てみたいと思っている人は、参加してください。 特に、将来の大学院受験を考えている若手医師・研修医や、大学で研究をしようと思っている人は、参加して研究を肌で感じて、良い質問をしてください。 良い質問は、発表する以上に良いアピールになります。 是非、積極的にお願いします。
 以上が、12月のおおまかな行事予定です。 体調を崩さないように気をつけながら、がんばりましょう。 ty