教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



メールのC.C.? LINEは知らん スマホは持たない すべて個人の自由です
 メールでの仕事が増え、PCと向き合うことが仕事のかなりの部分を占めるようになってしまいました。正直、残念です。でも、仕方がないことも理解しています。 連絡もメールで「ホイ」と入り、それを理解していないと、非難される時代になってしまいました。
 ある本の中に、メールのC.C.をどう扱うかを議論して(というか、その著者の意見を書いて)いるのを見つけました。会社によっては、C.C.で上司に知らせることをルールにしている企業もあるようです。確かに、そのようなメールを時々見かけます。
To〜で送られるメールは、宛先が自分なので、手紙と同じく、それを読んで普通は返答すべき…なのは仕方ないですが、C.C.で送られるメールはどうでしょうか? 時間に余裕がある時は、読んで、場合によっては、求められていなくても(いや、実は求められているからC.C.で送られてきているのか?)返答してしまうかもしれません。 チェックマンの上司なら、これ(C.C.での送付)を要求する人もいるかもしれません。でも、個人的には時間に余裕がなければ、おそらく無視する….ことになります。 B.C.C.は使用に意味がある場合もあるように思いますが、これも個人的な意見です。 もし、C.C.を無視されて、イヤな思いをしている人がいるのなら、ちょっと考えた方が良いかもしれませんね。 世の中的に、新しいシステム・習慣というのは人によって、捉え方の常識が異なる場合が多いので、自分本意で考える(自分の常識を人に当てはめようとする)と、うまくいかないことも多いように感じます。ちなみに、私にC.C.で送られた分は、その時のメールの量によりますが、3分の1くらいは、読まずに消えているかもしれません(ごめんなさい)。 LINEが出てきて、スマホをずっと持っていることが当たり前になり、若い人の中では、この返事をしないと仲間はずれにされる…ようなことも聞いたことがあります。自分の常識や価値感を人に振りかざすのは、よくない現象かと個人的には思います。 ちなみに、私はスマホも持ってないし(敢えて持たないし)、LINEなんかするはずもありません。病棟医長をやめてから、携帯電話を携帯することもやめました(カバンの奥の方のどこかにあり、電池が切れてなければブルブル震えるかもしれませんが、まあ気付かないのは想像の通りです。携帯本体ですが、4年以上経過しても、まだ電池を1回充電したら1週間は持ちます。どれだけ、使ってないねん〜という感じでしょうか)。病院にいるときは、しっかりPHSは持っていますので、仕事に必要ならちゃんとしてますよ。
 C.C.に話しを戻すと、C.C.はするな! C.C.しても破棄する!と宣言する社長とかもいらっしゃるようです。まあ、話しは都合よく言えば良いので、部下を信じて任せている…という理論のようです。 まあ、それに賛同して、私もC.C.は捨てることにします(To〜のメールは当然読みます)。 細かなことは、気にせずに! そして、本当に大切なことは、言葉で伝える(報告する)方が良くはないですか? まあ、少し思ったので書いてみました。 ty
スポンサーサイト