教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



人・本・旅
 新年度が始まりました。よく、新人さんに読むことをオススメする本に「社会人1年目の教科書」という本があります。私は、この本を何度も読み返していますが、勉強になります。この本に書いてあることが実践できれば、社会人として最低限、非難されずにやっていけます。この本の著者は、岩瀬大輔さんで、現在のライフネット生命(ネット生命保険の先駆け的な会社)の社長さんです。この本を上梓した頃は、社長ではありませんでしたが、その頃の岩瀬さんの上司で社長が、出口治明さんという人で、この人も多くの本を出版されています。
 私は、(全てではないですが)この人の考え方が結構好きです。仕事の仕方や本を読むこと・考えることの重要性などを伝える本が多いですが、ファクトに基づき、それをしっかり捉えて、自ら勉強して、自分の頭で考えるクセをつけないといけない….ということを色々な例を提示しながら気づかせてくれます。
 例えば、「常識を捨てる能力」などと表現されていましたが、世間の常識に影響を受けないように判断することの重要性を述べられていました。世間的には「待機児童問題」は解決が難しいと捉えられており、現実的になかなか解決していません。彼はアメリカのように幼稚園から(もしくはもっと下の学年から)『義務教育に変えてしまえば良い』…と意見を述べられていました。確かに、今の日本で、小学校1年生で定員オーバーが理由で受け入れられないと言われる人は、1人もいないので、法律を変えて常識を変えてしまえば(投資が必要ですが、政府が本気でそういう努力をすれば)比較的早急に「待機児童」はなくなるはずです。「常識を捨て」て考え、「問題の原点」から考えるクセをつけることが重要だということです。この出口さんは、文系出身かと思いますが、かなり理系的な(科学者的な そしてシンプルな)考え方をされるので、私は合うのかもしれません。 この『原点から考える』というのは、研究では、かなり重要なアプローチの仕方だと思います。 また、出口さんは、「人・本・現場体験(旅行)」がリテラシーを鍛え、人を育てる…ような書き方もされていたと記憶しています。自分を成長させてくれる人と会うこと、読書すること、どの世界でも現場での体験(仕事ではないけれど、旅行での経験)をすることが成長のためには大切ということです。まあ、その通りかと私も思います。その機会を増やすことが、成長のために必要なので、増やす努力をしましょう。ty
スポンサーサイト