教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



しっかりと自分で考える
 私が、医学部6年生のチューターを担当した、この4月からK病院で研修を始めるFさんの名前に関するエピソードです。彼女のFirst nameは、「もも」さんといいます。彼女が、5年生の時に実習の計画を練るために私のところに来てくれた時に、その名前がドイツの作家ミヒャエル・エンデの物語の名前に由来しているのではないかと思った私は、彼女に聞くと、やはりその通りでした。彼女のご両親が、その名前をつけようと思われたことに魅力を感じますが、その名前(物語の主人公)の通り、彼女は周りに影響されすぎず、しっかりと自分の意思を持って行動している印象を持っています。「人(患者さん)の話を、しっかりと聞いてあげる(耳をかたむける)ことができる、良い医師になってくれると思います」(これは、物語の中の主人公の特技です 自分をしっかりと持っており、周囲の当たり前を疑い、時間泥棒から時間を取りもどし、それをみんなに気づかせてくれます)
モモ 
 この物語を知っている人は、わかってくれるでしょう。物事の価値は、各人が決めるものであって、みんなが目指すから自分も、というのは少し違うような気がします(物語のように、騙されているかもしれませんよ)。自分をしっかり持って、周囲に影響されすぎず、物事の本質を見抜くような取り組みが、大切なように思っています。
 大学院で帰ってくる人は、今までの医師としての経験を基盤にして、本当に何がしたいのか? 何をどうすべきなのか? 若いうちにしかできないチャレンジを是非、やってほしいと思っています。医師としての人生は、40年以上あります。その人生の中で、大変重要な時期であると思ってください。ちょっと、風変わりなことができるのは、今しかないのかもしれませんよ。 ty
スポンサーサイト