教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



チェンジ
 来年度の人事・体制がおおよそ決定されました。留学する人、新たな環境で仕事を始める人。不安と期待の錯綜する時期だと思いますが、新たな体制で医局も関連施設も頑張っていければと思います。 変化の無いのは、場合によっては衰退につながります。どこかの国のtopが大暴れしていますが、長期的にみると、こういう事も多様性を受け入れて、変化して、強くなるためには必要なチェンジなのかもしれません。(ちょっと、暴れすぎですが…)
 新専門医制度は、2018年度からは実施されると思います(また延期されたりして….もう最近は、まさか!と思うことが起きても、動じなくなりましたし、それも想定の範囲であったりします)。色々な変化を、受け入れ、うまく適応しながら、各人がより成長できるようにうまく利用することが重要かと思います。
 医学部の学生教育も変化していることは、皆さんご存知だと思います。簡単に捉えると、カリキュラムの前倒しで実習時間を確保するということなのですが、実は最も大きな変化は、実習の内容を評価されて、ちゃんと教育のシステムができているかの監査を受けるようになるということです。来年から何年かは、大学病院(大学)が日本医学教育評価機構(JACME; Japan Accreditation Council for Medical Education)から監査を受けますが、その後は実習を行う代表的な関連病院も含めた評価になる可能性があると思われます。今でも、学生の実習に関しては、診療(もしくは研究)の次のレベルで考える先生が多いと感じますが、考え方を変えないと時代の要請に応えられず、取り残されることになるでしょう。これも単純に捉えると、今より1〜2年程度、医学部の学生の間にできるようになることを前倒しにする(研修医のしていることの一部、少なくともbrain workは5〜6年生にしてもらう)システムを作りあげることが求められています。できないと言わずに、できるようにしていく…ことが求められています。循環器内科としては、先を見据えながら早速対応をしていきます。
 診療においても、色々な変化が起きています。少し客観的に見て、どう適応していくべきかを、ある種、冷静・冷徹に考えて、対応していくことが重要かと思っています。
 研究も、日本がお金のない国になっていますので、当然のことなのですが、予算の確保を含めて厳しい時代になっています。軍事予算を研究者が科学の進歩のため(同時に軍事利用もされることを受け入れて)使用する事の是非が、議論されている様子をテレビなどでよく見かけます。科学者というのは、科学という看板を掲げると、ある種盲目的に追究してしまう特徴を持っていますので、注意が必要です。医学においても、命が大切である事は言うまでもないのですが、それを盾にして、国が潰れても良いので命を助けましょう…という意見が正しいのかどうか?これも、近々議論せざるをえないことになると予想されます。医師としては、あまり議論したくはないのですが……。その際に、どのような研究が求められるのか?本当に貢献できるのか? そういう先読みが必要だと考えます。 
 思いつきを書きましたが、色々なことに興味を持ち、学び、しっかりと自分で考えて、自らの意見を持って対応していくことが大切である…と、昔に教えていただいたこと。これは変わらない真実だと思います。 皆さんが少しでも快適に仕事ができるような、次年度のための調整をする時期になりました。時代の要請も感じながら、我々も適応し変化しながら、頑張っていきましょう。 ty
スポンサーサイト