教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



思考を考える
「思考の整理学」外山滋比古(とやま しげひこ)著(筑摩書店)を久しぶりに読み返してみました。何年か前になりますが(今も?)、東大・京大で1番読まれた本…という帯で売られていた本で、買って読んだのですが、その際は、あまり心を震わせない印象の本で、さあっと目を通しただけだったような気もします。何か、ふと、再度読む気になり、本にカバーをつけて鞄に入れて出かけると、電車の中で読みやすい長さであったこともあり、ざっと読んでしまいました。
 この最終章の「コンピューター」という章を読んで、びっくりしました。なんと、今ニュースや新聞で取り上げられるAIに人間の仕事がとって代わられることなどが書かれています。驚くのは、この本が書かれた年が、なんと1983年である….ということです。私は中学3年生、阪神タイガースが、久しぶりに優勝した年の前の年…にこの話が書かれているところに驚きを感じます。まだ、コンピューターがそんなに発達していない時に、ここまで予想する…その先見の明に感銘すら受けます。仕事においても、研究においても、一所懸命に今やるだけではなく、こういう未来予想をする(終わりから考える…こういう未来になるから、今こうする こういう未来を目指して、今こう取り組んでおく)ことが、重要であると常々思っていますが、やはりこれが難しいわけです。でも、この本を読んで思ったことは、未来予想は昔に誰かがしてくれている…ということです。自分で考える範囲は限られていますので(もちろん自分で考えるのですが)、本や論文などで昔の人の意見を学ぶ作業は必要になり、その中のどの意見や未来予想を一部取り入れて、自分の未来予想や行動に反映させるか….は、やはり自分の問題・選択になります。最新の論文や本を読むときに、数年後・10年後・もっと先を見越しながら読んでいますでしょうか?
 この「思考の整理学」という本は、今一度、考えること・学ぶことをその方法から意識させてくれる本かと思います。 ty
スポンサーサイト