教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



『協争』の時代
「協力」しながら「競争」する時代のようです。
 物流の進歩に伴い、日本人の買い物の仕方が変わっていることは、よくニュースにもなっています。みなさん、特に自覚しないかもしれませんが、少し長く生きている私にとっては、大きな変化が感じ取れます。Amazonや楽天、LOHACO(ASKUL)などを利用していると、注文したものが、翌日には自宅に運ばれてきて、ほとんど輸送費が不要なのが常識になっています。本当に便利ですね。でも、一旦それが当たり前になると、もうそれより不便では満足できなくなります。これが、現在の日本の物流を変えてしまって、トラックが確保できない…という問題が、色々な業種で問題になっていることもよくニュースになっています。(運送する人のとんでもない行動がニュースにもなっていましたが、これも従事する人が多くなると必然的に生じてくる問題かと思います でも、少なくとも、私の家に搬送する担当の何社かの人は、みなさん礼儀正しい方ばかりですし、時に郵便局の方にも荷物を取りにきてもらいますが、民営化のおかげでしょうか、非常に丁寧な対応をされます でも、こういう客と接する部分が、その客にとってはその組織の全てを反映してしまいまう….という事実も認識することが重要かと思います)
 競争相手と「協力」して、この事態に対応する『協争』の動きが、北海道の食品会社(味の素・ハウス・カゴメなど)の物流領域でなされ、問題解決の一つにつながったようです。(北海道といえば、地域独自のコンビニ文化を確立したセイコーマートが有名ですが、この会社の戦略も参考になります) 人口減で、各社の配送件数は減っているのに、搬送の場所の数は変化がなく、効率も悪いし、人手やトラックも需要過多でさらにコストが上がる状況で、それぞれの会社の食品を売るという「競争」は維持しながら、物流に関しては、倉庫をふくめたインフラを共有することで同じトラックで他社の製品も「協力」して運送するという仕組みを構築したようです。
 色々な意味で「老化し、縮小する日本」においては、この『協争』の概念は、参考にすべき戦略かと思い、紹介がてらに書きました。人のふり見て、我がふり直せ(我がふりを考える)ことは大切です。 さあ、2017年が始動します。 ty
スポンサーサイト