教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



プレゼン
 10/22(土曜日)は、神戸Kプラザホテルで、内科学セミナーが開催され、多くの研修医の先生が症例報告をしてくれました。本当に、みなさんプレゼンが上手で、関心しました。 関連病院の指導医の先生方の、しっかりとした指導の賜物であるとは思いますが、立派だと感じました。 神戸大学の関連病院の研修の充実が感じ取れました。 3人の先生が、優秀発表で表彰されました。 現在、研修中の先生は、来年も同じ会(10月くらい)がありますので、日々の診療の中で、色々な経験をしながら、みんなで一緒に勉強したり、情報共有した方が良いような症例を、内科地方会で報告したり、このような勉強会で発表したりしてください。 なんでも意識していないとできませんし、なんでも経験です。 個人的には、循環器内科疾患以外の発表が面白かったですし、興味を持てました。 
 なお、循環器内科関連病院で研修中の先生は、来年の6月17日(土曜日)に、循環器内科主催の研修医勉強会を大学病院内で開催する予定ですので、その準備も考えておいてください。 発表なしでも、ぜひ参加して、一緒に勉強してスキルアップしましょう。 こういう発表症例は、日常臨床で誰かが診断や治療に難渋したものが多いので、それを学び自分の経験にするだけで、臨床力はアップします。 自分が困る代わりに、誰かが困ったということなので、将来の自分と担当患者さんを助けることにつながると思います。 コツコツ頑張りましょう。 

 私のこの1週間は、月曜日は東京の方で「研究者・大学教官」に、木曜日は「循環器医」に、日曜日は「一般の方・学生」に、腸内細菌・免疫・動脈硬化の話をプレゼンさせていただきました。 一番困ったのは、最後の「一般の方」へのプレゼンでした。 やはり、スライドはかなり少なめですが、説明をわかりやすくするためには時間がかかり、少しオーバーしてしまいました。 本当に、相手に興味を持っていただいたり、楽しく聴いていただきご理解いただくプレゼンというのは難しいと感じます。 聴いていただく人、本意のプレゼンにしたいのですが、まだまだなのかもしれません。 

 さあ、研究としては、本格的に新しい挑戦を開始する時期になりました。慎重かつ大胆に、そしてradicalに取り組んでいきたいと思っています。 ty
スポンサーサイト