教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



関連病院の循環器志望の研修医の先生へ「Excellent Case Presentation by Young Careers in English」のご案内
 日本循環器学会の次回3月の金沢で開催される総会で、卒後6年未満の研修医(ならびに医学部5〜6年生)を対象に、まだ論文にしていない症例報告を英語で行い、質疑応答も含めての点数で評価される『Excellent Case Presentation by Young Careers in English』という企画があるようです。 (日循のHP参照) 
 大変興味深い循環器症例を経験し、未だ論文にしていない症例をお持ちの先生(研修医)で、ちょっと英語のプレゼンにも挑戦してみようと思う人は、是非指導医に申し出て、サポートを受けながら、これにチャレンジしてみてください。(抄録の締め切りは、本年10/26)
 英語に自信がない....という人は、年に2回開催される日本循環器学会近畿地方会の研修医セッションに応募をお願いします。こちらは日本語でプレゼンをしますが、同じようにcompetitionで優秀演題は表彰されます。 ほとんどの人は、英語に自信がないと言うでしょう。私も英語は出来ませんが、我々の先輩で米国で活躍されている先生によると『英語は度胸』だということですので、できない状態でチャレンジするくらいの度胸が必要だと思います。 ご存知だと思いますが、日本循環器学会総会は、演題の約半分が英語でのプレゼンとなっています。 自分の能力をのばす為には、能力以上のことにチャレンジするのが、最も近道です。 これに通るだけで、かなりのアピールになると思います。 是非、チャレンジしてください。 ty
スポンサーサイト