教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



研修医勉強会
6月11日に循環器内科研修医勉強会を開催しました。数多くの関連病院の指導医の先生方と研修医の先生に集まっていただき、良い勉強ができたと思います。 数名の先生に、優秀発表賞と優秀論文賞が授与されました。 今年から、研修医の先生が関連病院などで筆頭著者として発表された症例報告の論文を応募いただいて、表彰することになりました。 大学病院でも、指導医の指導のもとで、症例報告論文を循環器内科をローテーションした先生に書いていただくようにしています。 学会発表はもちろんですが、今後は研修医の間に、日本語でも英語でも構いませんので、是非症例報告のpaperをまとめることをひとつの目標にしていただけますようお願いします。 私も研修医の時に、何度かreviewerとのやりとりを、指導いただきながらした記憶があります。日本語(「心臓」という雑誌)でしたが、そういう論文がacceptされるまでのやりとりを含めて、経験させていただいたことは今でも覚えていますし、勉強になった記憶がありますし、嬉しかったと思います。 研修医の間に、症例報告をすることが、関連病院を含めた循環器内科研修の標準になることを期待しています。 
 あと、この研修医勉強会は、発表する先生だけの会ではありません。 学会のように発表を最大の目標にはして欲しくありません。 良い勉強をすること、良い質問をする機会でもあり、良い質問は、それなりに評価されていると思ってください。 というわけで、各関連病院の初期研修の先生も、後期研修の先生も、少しでも多くみんな参加していただければ非常に嬉しく思います。 どうしても各関連病院での業務が忙しいことも承知しておりますが、せっかくの機会ですので、是非時間を作って参加いただければと思います。 
 来年は、もっとたくさんの研修医の先生が参加いただき、一緒に勉強できれば、うれしく思います。
 最後に、ご参加いただいたすべての先生に、感謝申し上げます。 また、来年もよろしくお願いいたします。 ty
 
スポンサーサイト