教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



専門医とは?
 一般社団法人「日本専門医機構」という組織が設立され、『専門医』の改革がなされようとしていることはご存知かと思います。この組織が認定する『専門医』とは、「それぞれの診療領域における適切な教育を受けて、十分な知識と経験を持ち、患者さんから信頼される標準的な医療を提供できる医師」と定義されるそうです。
 現在は、基本領域の「内科」「外科」…というような学会が、専門医教育を考えて、専攻医のためのプログラムを作成し、システム化する方向で動いています。その後は、サブスペシャルティ領域、すなわち我々の関連する「循環器学会」が「循環器専門医」というものの定義や条件をふまえて、研修プログラムの設定に入るはずです。この流れで、専門医の必要性や意義が再判定され、認められないものも発生するのではないか?と考えられます。システムを構築するにあたり、悪影響も懸念されますが、これをきっかけに学会の整理につながれば、それが社会貢献になるかもしれません。ただ、こういうシステムを作ることは、「専門医」の最低ランクの保証の意味はあるのかもしれませんが、最高ランクを上げるような方向には決して動きません。「研究」「診療」「教育」も、品質の高いものを提供するための努力は、(もちろん良い指導の存在も大きいのですが)往々にして個人の努力の賜物であることが多く、そのことに対しては「平均化」「最低限の保証のためのシステム」は邪魔をすることが多いという現実も受け入れざるを得ない…と思います。
 内科に関して言えば、今回のシステムの構築も、「良い面」と「悪い面」の両面が見えてきます。理念に書かれているように、バランス良いいろいろな経験をする内科医を育成する努力はなされています。ぜひ、今までのシステムの中では経験のできなかった本当の意味での「地域に根ざした医療の経験」が比較的若いうちに経験できれば、それは内科医としての財産になることでしょう。願わくば、結果として「〜は診ることはできません」というようなことを言わない医師が増えてくれることを祈っております。残念ながら、「ある程度の専門性を持つ内科医としていわゆる一人前になる」ことは、遅れてしまうシステムの変更であるのは間違いありません。でも、そんな医者は多くは必要とされないという事実を考えても、まあそれはそれで良いのかもしれません。いろいろな意味で、世の中に適応できる人が生き残る…そういうものです。だから、適応しようという意識を持っておれば、どのようにシステムが変わっても心配はいらないと思います。 ty
スポンサーサイト