教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



留学の話し(続きPart 4)
 留学中の仕事のスタートは、アメリカ流で結構ゆっくりでした。最初にボスに言われた仕事は、もちろんやるのですが、あまり面白くないという印象でした。それもこなしながら、ラボの大きな目標と自分のやりたいことを加味して、しばらく様子を見ながら認めてもらえそうな時期に自分のやりたい研究計画を提案しました。研究計画は複数をしないと、中々良い仕事ができないことも分かっているので、色々と提案するのですが、ラボのキャパの問題もあり、すべてが認められるわけではありません。正直、複数の仕事をこなしても、時間はたっぷりあるというのが留学中の仕事での思い出です。日本にいた時から、独りで複数の研究計画を同時進行させるのが、自分にとっての当たり前であったので、アメリカではテクニシャンのサポートもあり、本当に時間はたっぷりある状態でした。ELISAの96wellのプレートを30枚くらい同時進行で実験を進めても、システムがしっかりしているので、抗体を入れての待ち時間などはカリファルニアの青空の下、芝生の上で、コーヒーでも飲みながら優雅に昼寝もできます。
 昼食で結構好きだったのは、UCSDの学食にあるPandaExpressというFast food Chinese restaurantです(日本にもあるけど、ちょっと違うんです)。 私は、3 entrée plateというのをオーダーして、Fried rice(焼き飯)とChowmein(中華焼きそば)をhalf and halfで入れてもらい、クン・パオ・チキン(辛めの味付けの野菜とチキンの炒め物)というのを一つ選んで、もう一つ色々なおかずをその都度変えながら食べていました。Fortune cookieという甘いお菓子の中に占いの紙が入っているのが付いてきます。You will always have good luck in your personal affairs.などと書いてある分は、今でもおみくじの大吉のように財布の中にいれて持っています。今でも、懐かしくてアメリカに行くと、Pandaがあれば食べてしまいます。さらに、1ドル75セントのコーヒーを近くのカフェテリアで頼むのですが、このコーヒーは日によって、時間によって当りハズレがあります。水臭いくらいに薄い時があったり、いい感じのアメリカンコーヒーでおいしいと思うときもあります。このいい加減さが、アメリカなのです。 続きはまた。 ty 
スポンサーサイト