教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Y先生の最終講義
 3/19(木)の医局会で、K総合医療センターに出張されるY先生が最終講義をされ、その中で今まで読まれた本の一部を紹介され、医師・社会人として大切なことを教えていただきました。私が教官になってから、8年になりますが、最初から同じ部屋でY先生の横で、循環器に関することはもちろん色々なことを教えていただきました。教官になって、最初の頃は時間が無く余裕の無かった時期もありましたが、Y先生を見習って、時間を見つけて読書をする習慣を復活させました。教官室で、Y先生と医学以外のことで色々と話しをして、時に議論する機会もありましたが、本当に勉強になり、色々と学ばせていただきました。講義の中でも読書を奨めておられましたが、極めて狭い世界で生きる医者であるからこそ、本で様々なことを学ばないと、偏った成長しかできないと思います。
 昔に比べて、いわゆる医学としての学問や専門医教育なるものは、より洗練化されて提供される時代になったと思いますし、それができる医師も増えています。しかし、その分、人間教育の機会が減っているし、それができる指導医が減っているように感じることがあります。専門化すればするほど、専門医としてサービスを提供する医者の方が楽ですので、それを選ぶ人が増えるのだと思います。Y先生の言葉で言うと「『タコツボ化』して、自分の殻に閉じこもって、何かを一所懸命して、視野狭窄になる方が、自分の世界でのみ生きているので、ストレスも少なく、自己満足はし易い」ということです。研究などの何かをとことん極めようとしている時期に、このような環境で仕事をすることは、実は幸せなことであるとは思います。しかし、特に内科医のような全体をmanagementする立場の医者として働くことを求められる場合に、そのような視野狭窄(のまま)の人は、求められていると思いますか? まあ、そう思うのなら、それで生きていけば良いでしょう。いずれ、いる場所がより狭まり、求められていない…ということに気付くと思いますが、もう遅いことにも気付くことでしょう。

 ある番組で、「人は、持った(手に入れた)力は使いたくなる。それが大きな力であればあるほど、それを目先の(自分たちの)利益の為に、将来のdemeritは考えずに使いたくなる」というような歴史的事実を紹介していました。是非、上に立つ立場の人であればあるほど、この事を意識して、目先の自分にとっての都合や損得を重視せずに、ある物事をやる・やらない…の判断をしないといけないと、心の底から思います。私も、敢えて「効率化」よりも、「どうあるべきか」を意識した判断をするように心がけていきたいと思います。Y先生の講義は、こういうことも再度意識させてくれる、大変心に響くものでした。この講義を聴かれた人は、Y先生のメッセージをしっかりと受け止めて、考え方や行動を変えていかれることと思います。また、次に行かれる病院でもご活躍をお祈りしています。 ty
スポンサーサイト