教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



科学のレベル・思考のレベル
東京で開催された糖尿病の専門家と循環器の専門家の参加する研究会に出席しました。まあ、正直に言うとレベルが非常に高く、そこにいてもcatch upできない...くらいの話しが多かったです。最近は、循環器の関連学会の自分の専門分野のセッションに参加しても面白くない...と感じることも多かったのですが、やはり代謝関連の学会や研究会のレベルは非常に高い...もっと言うと、データのとらえ方・サイエンスの考え方や進め方の深さが違うような印象を持ちます(頭のスペックの違いを感じます)。 エビデンス重視(臨床での証拠がすべて)の今の医学の世界にいると...しっかりと、理詰めで展開していく研究手法や考え方を、ふと忘れてしまいそうになりますが、やっぱり重要であると心から思います。反省しながら、自分のできる範囲で、そういう進め方をしていきたいと再度思いを馳せた次第です。 ty
スポンサーサイト