教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



横綱はすごい
 11/26(水)は、ある財団の研究助成の二次審査のプレゼン(competition)のために東京に出張していました。私の前後の発表者は、腸内細菌と疾患・腸内細菌と脂肪酸の研究においては、超有名人の研究者(両方とも最近、教授になられています)で…正直、業績で考えると、戦えるような相手ではありませんでした(プレゼンの前に待つ部屋で、お会いしてこけそうになりました)。これは、いくらプレゼンをがんばっても、横綱相撲で押し切られるのは必至…という感じでしょうか? まあ、しょうがないです。また、違うところでがんばります。 
 話しは変わりますが、トヨタが日本経済新聞の毎年発表する企業の総合ランキングで1位(横綱)になりました。
fc2blog_20141127062709800.jpg
トヨタと言えば、前にも紹介しましたが、水素燃料電池車の「MIRAI」をこの12月に発売するようです。thumb_400_01_px400.jpg
「未来」の理想を目指しての取り組みだと思います。世界で初めて一般車として発売したハイブリッド車「プリウス」も、高額であることもあり当初はほとんど売れなかったようですが、『MIRAI」はさらに水素ステーションの整備という大きな課題があります。でも、大きなイノベーションであり、こういう考え方ができる企業という意味でも、尊敬すべき考え方を持った企業だと思います。「プリウス」の時には『21世紀に間に合いました!』というキャッチフレーズを出してきましたが、今度はどんなキャッチで売り出すのか楽しみです。 さらに、ニュースで言っていましたが、トヨタ車の全てに自動停止ブレーキを装備するように決めたようです。スバルの「アイサイト」は大きなイノベーションでしたが、これを「当たり前」にして安全を目指す意味でも、この決断は大きなイノベーションとなるでしょう(でも、また不備が見つかり、リコールになるリスクも背負うという覚悟が必要ですが、そういう覚悟と決断ができることも立派だと思います)。(参照;日経新聞の記事など)
 研究も、目の前の利益ばかり考えずに、より良い理想のMIRAIを意識して取り組み、当たり前を変えることを目指すようにがんばりたいものです。 ty
スポンサーサイト