教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



キャリアパス(建前と本音)
 career pass(キャリアパス)とは、昇進・昇格のモデル、あるいは人材が最終的に目指すべきゴールまでの道筋のモデル、仕事における専門性を極める領域に達するまでの基本的なパターンのことです。
 我々がよく学生や研修医の先生に言うことは、是非このキャリアパスを意識して、研修のプログラムを考えてください…. 別の言い方をすれば「5~10年単位で自分の将来を考えて動いて欲しい」ということです。
 来年の(次の)研修先を決めるのに、迷いに迷って、たくさんの病院の見学をして、時間をかける学生や研修医を時々見かけます。確かに今しか生きられないし、今迷い、そしてがんばることは大切ですが、迷い方を間違わないで、しっかりとある程度の時間(5~10年間)の中で、これくらいの目標に達するというような計画を立てて進んでいって欲しい(研修先などを決めて欲しい)と思っています。
 ゴールというのは、人それぞれ異なる事でしょう。でも、自分の理想を追求することは大切だし、その目的のために努力していると思います。経験がなければ、今、目の前のことのみに一所懸命になり、中・長期的なスパンでの計画は立てにくいと思います。何かの達成のために、どのような努力が必要か、まだ見えていないかもしれません。こういう所は、是非相談していただければ選択肢を広げるお手伝いはできると思っています。
 そして、このキャリアパスを考えた計画を立てる(目標を設定する)ときに、狭い視野での目標設定をしてしまうと、残念な結果になってしまう…あまり成長できない(実はもっと大きな目標設定ができたのに小さな目標しか達成できていない)場合が出てきます。アドバイスを受けたからできるものではないですし、努力は欠かせませんが、その努力をできれば有効に大きな成長につなげたり、目標に近づけるために有効利用してもらいたいと思っています。
 ….という、ここまでが一般的なアドバイスで、こじんまりした目標….例えば…何かの分野の専門医を目指します….という目標を掲げる学生や研修医へのアドバイスです(これも大切だとは思います)。  

 でも.....先のことはあまり考えずに(全く考えないのはちょっと問題ですが)、迷いながらいつも今を一所懸命に生きようという生き方も悪いものではありません。.....[アドバイス1;突っ走れ!]
 人生は、ひょんな出会いが、人生を変えるきっかけになることもしばしばです。その出会いに気付くこと「セレンディピティ」が実は大切です。.....[アドバイス2;気付け!]
 思い描く道(いわゆる誰にでも見える道=パス)のみを進むと、思いもよらぬことには出会えません。誰も通らないような道にこそ、チャンスはあるかも知れません。.....[アドバイス3;脇道を通ってみることも大切!]
 ユダヤの格言に、「奇跡を願っても良い。しかし、奇跡に頼ってはいけない」という言葉があります。少し言いたい言葉の意味とは異なりますが、夢の達成を奇跡に頼る生き方は、おそらく成功しませんが、「奇跡のような夢」は常に思い描いて、願い、チャレンジしないと達成できません。そして、思っていないと、もし奇跡が起きても気付けないでしょう。.....[アドバイス4;まず、思え!]
 もし、先輩や上司が、そんな無茶な計画(夢)は止めて…なんて言われたら、そんな言葉は無視して、とことん夢に向かってチャレンジすべきかと思います。 
 無茶で大きな夢を掲げる人には、(私は)もっともっと大きな無茶を勧めたい….というのが本音です。是非、はじけて欲しいと思っています。.....[アドバイス5;はじけろ!] ty
スポンサーサイト