教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



下積みこそ大切
下積みこそ、実は良い経験…そこから何を摑むのか…が大切
 仕事では、すべてにおいて新人の時期があり、下積みと呼ばれる時期があります。働く部署や立場が変わると、すべて新人からやり直しであり、最初は下積みをします(今、私は、医局の仕事という中で、下積みをしています)。
 仕事の現場では、何かをひたすらにやることを求められたりします。例えば、コピー取りを頼まれたときに、その目的、どのように使用するか、何が書かれているのか?を見たり、どうすれば効率よくコピーして、資料として有用に(求められている以上の状態に)仕上げられるのか?を考える…工夫をしてみる…ことが実は大切です。そうして、相手の期待以上のことを提供できれば、必ず次には、もっと難しい仕事が回ってきます。「仕事の報酬は、さらに難しい仕事」とも言われます。
 下積みを楽しいと思えるくらいに、自分に有用な経験に変えていくことが、step upには必須ということです。ty
スポンサーサイト