教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やっとアメリカに行くドラえもん
 「ドラえもん」がとうとう米国に進出するようです。「ドラえもん」はアジアやヨーロッパでは、かなりの人気で、すぐに色々な国で受け入れられました。
 しかし、アメリカでは理想とする人間像と「のび太くん」が、まったくかけ離れているので、子供への悪影響も考慮して親からの評価も悪く、受け入れられなかったという歴史があります(アメリカ留学の時に知りました)。何か問題が起きたときに、すぐに他人(ドラえもん)に頼って解決しようとする姿勢が、アメリカ人にとっては最もやってはいけない考え方で、全く共感されなかったというわけです。どんくさくてあまり賢くないけれど、心の底から人のことを思い、優しい…というような人間像は、日本人的にはOKなのですが、アメリカ的ではないわけです。
 どのようにアメリカで認められる形態に変化させるのか?が米国のプロデューサーの腕の見せ所であり、見所ではありますが、日本人的な心を理解されている方であることを期待します。(まあ、理解されなくてもいいのですが)
 画像では、紙幣をドル札に変えたり、焼き芋をポップコーンに変えたり、教育的に「しずかちゃんの入浴シーン」をカットしたり、ジャイアンの暴力的シーンもカットするそうです。どれくらい、このマンガの本質というのか魅力というのが伝わるのか?結果を楽しみにしたいと思います。 

 日本を代表する企業である「TOYOTA」が、マンガのドラえもんのキャラクターの20年後の姿を豪華キャストを使ってテレビCMをやっています。何かを伝えたいのだと思うのですが.....

 そのTOYOTAの別のCMにでてくる堺 雅人さんが、TBSの番組で「半沢直樹」を演じていたのはご存知でしょう。その半沢直樹の最新作「銀翼のイカロス」を読みました。出向先の証券会社から銀行に戻った半沢が、また難局面を、真摯に、そしてかっこよく乗り切っていく痛快ストーリーでした。有名な「倍返し」の言葉は、1回だけしかでませんでした。おそらくTBSは、「半沢直樹」の続編を用意しているのではないでしょうか? TVでは、毎回少なくとも2〜3回は「倍返し」がでてくるし、最終回は「十倍返し」になるでしょう。 ty
 
スポンサーサイト