教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



緊急でないが重要なこと
 スティーブン・R・コヴィーの著書「7つの習慣」は、難しいですが大変良い事が書いてあります。その第3の習慣は「重要事項を優先する」というものですが、その中の「緊急でないが重要なことのために使う時間を増やすこと」というのがあります。
スライド1

 第1領域;緊急で重要なこと 緊急対応事項 仕事上の急な約束 事故やトラブル対応 〆切りのある仕事をギリギリにする (できる限り減らす 発生したらスピーディーに処理する)
 第2領域;緊急ではないが重要なこと 仕事や勉強の準備や計画 将来のことを考える 新規のアイデアや取組みを考える 健康維持 自己啓発 読書 教育 人を育てること 前もって将来第1領域にはいってくるであろう仕事もしくはその準備を時間に余裕があるうちにやる (増やす) 
 第3領域;緊急だが重要ではないこと 日々の電話対応や会議 報告書や書類作成 メールのやり取り 突然の来客 (減らす)
 第4領域;緊急でも重要でもないこと 時間つぶしのテレビ ネットサーフィン 携帯電話でのメール・ゲームなど (絶対に減らす)
 この中で、いかに第2領域の時間を増やすか、確保するかが、人生の充実に関係するというのです。医師としては、つい”今”重要である第1領域といわゆる”雑用”と呼ばれる第3領域にかなりの時間を費やすことが平常であり、あまった時間は思わず第4領域で費やしてしまう方も多いのではないでしょうか? 第1領域の活動に日々とらわれていると『忙しい...忙しい...』と言ってしまいますし、これで満足してしまう人もいます。また、疲れがたまると第4領域に逃げたくなるわけです。
 私のいつも言っている『スピード命』というのは、この第1領域と第3領域の仕事を、速く、そして完成度もそれなりにこなすという意味です。 
 第2領域の時間には、成長に役立つ活動が含まれており、じっくり取り組んで、十分に確保していきたいものです。 ty
スポンサーサイト