教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



毎週木曜日はチャートカンファレンスと回診です
 毎週木曜日の午前中は、循環器内科のチャートカンファレンスで、5・6年生の学生と研修医に担当患者さんのプレゼンテーションをしていただいています。ときに、専門的な話になり、難しいこともあるとは思いますが、しっかり学ぶ機会になっていると思います。 
DSCF1210.jpg
 プレゼンテーションを聞いていると、その人がどれくらいの思い入れを持って準備をしたのかがすぐに分かります。回数をこなすごとにプレゼンも上手になって成長していく姿を見ていると、こちらもうれしくなります。しっかり勉強のできる環境であると思いますので、良い機会と思ってがんばって準備をして、たくさんのことを学んでください。

 午後は教授回診で、H教授が学生や研修医を指導されています。
DSCF1223.jpg
DSCF1224.jpg
 質問に答えられないと、宿題になります(学生は実習の最後のまとめで再度質問されますので、それまでに勉強しておくこと! 研修医は次週までにしっかりと身につけておくこと!また同じことを聞かれますヨ。)。今日は、Stunned myocardiumとHibernating myocardiumの違いを質問されていました。試験でよく問われますので、学生はしっかり勉強しておいてください。不整脈の発生機序に関しても、異常自動能・Triggered activity・Reentryなどのkey wordsが出てきていたと思います。ちょっと学生には難しいかもしれませんが、考え方としては知っていないと病態を理解できないので、一度勉強しておくのが良いでしょう。 

 他大学の学生や研修医で、循環器内科見学希望の方は、是非木曜日にお越しください。多くの指導医の参加するカンファレンスでの指導を体験してみてください。また、病棟の雰囲気なども感じ取っていただければと思います。
 見学希望の方は、神戸大学医学部附属病院 循環器内科のホームページに記載された連絡先に電話もしくはメールで連絡をいただければ、日程などご希望に応じて対応させていただきます。 ty
スポンサーサイト