教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



当たり前のレベルを上げる
『ウソをついてはいけません』
『人に迷惑をかけてはいけません』
『時間に遅れないようにしましょう』
『ルールは守りましょう』
 幼稚園や小学生の時に言われるような当たり前のことですが、大人になってもできない人が多い…というのが現在の大きな問題であるようです。
 研究におけるねつ造、本当の写真でないデータの掲載、コピペでの他人の論文の剽窃などの問題が取りざたされています。K大学でも、剽窃チェックソフトの使用が決まりました(一部、義務化されます)。どの世界でもウソはついてはいけませんが、特に『科学』の分野で、『ウソ』をついたら退場です。
 私もできているかは疑問がありますが、非常にprimitiveなことが原因で人に『迷惑』をかけてしまう現象をよく目にします。最も、よく見かけるのは『締め切りを守れない』ということです。ギリギリになって(時に締め切りをかなり過ぎてから)他の人に緊急の仕事をさせてしまうことも同じことですが、これもよく目にします。アドバイスとしては、「書類仕事は、依頼されたらスピード命ですぐ終わらせる」のが良いと思います。私は、依頼をすぐに忘れてしまう性質なので、できるものはその場で仕上げる…ことにしていますし、すぐに終わらない分は、コンピュータの横に「ファイルを縦にして置く」ことで、時間のあるときに「手前の締め切りの早い分から片付ける」ようにしています。この「縦に置く」ことは大切で、横にしておくと、その上に異なる書類を置くことで、下の分を忘れさせる作用が働き、自然と下の方の締め切りを過ぎた書類を作ってしまいます。(その日のうちにresponseが必要な超緊急の仕事や書類は、横にして机の上に置いても良いことにしています)
 また、ルールを守れない…という意味では、書類の作成などに関して、依頼された人の気持ち、受け取る人の気持ちになって作成されていないことが多い…ということに気付きます。邪魔臭いし時間がないから適当に書いて…なんて考えていることが想定されますが、間違いを見つけて直す方も大変だし、また訂正の依頼をして、送り返して、訂正を待って、受け取って、またチェックして…と大変なのです。常に、関わる人の気持ちを考えながら行動しましょう。この書類をかなり正確に、ミスなく書く力は、論文を書くときにも必要になります。いかに詳細に気をくばれるのか?細かいところまで、気にすることを当たり前と思えるか?これも、トレーニングが必要なのかもしれませんが、やらなければいつまでもできないままです。 
 『世間しらずは、医師・先生・警察官』とよく言われています。確かに、よく考えてみると、医師は医学部在学中も卒業してからも、そういう『社会人としての当たり前にできないといけないことの教育』を受けたことがないのです。企業に就職した社会人は、ほぼみなさん「新人研修」なるものがあり、社会人としての常識を学ぶチャンスがありますし、仕事の中でもそのような教育を受けるのが普通です。おそらく、周りに気を使いながら生きていくのが当たり前なので、それができるようになるのでしょう。一方、医者は、最初から何もできなくてもリーダー的な存在で仕事をしてしまうので、そういうことを学ぶチャンスが少ないのは事実です。『頭を打つようなチャンス』が必要なのですが、私自信も十分ではないと思っています。少なくとも私にとって、留学というのは、そういう頭を打つチャンスであったと思いますし、指導医になってから読んだ本が多いですが、社会人としての常識を学ぶような本もかなり読みました。余裕のある人は、是非若いうちに以下のような本を読んでみてください。
 『社会人1年目の教科書』 岩瀬大輔 著
 『マナー以前の社会人常識』 岩下宣子 著
 『会社の教科書』 matsu 著
 『入社3年目までに知っておきたいプロフェッショナルの教科書』 俣野成敏 著
生活習慣病の治療は、当たり前を変えることが困難なために、その治療に難渋することも多いと思います。生き方もそうで、『何を当たり前と思っているか(当たり前のレベルが低いこと)』によって、社会人として問題を起こしてしまうことがよくあります。そういう意味で、当たり前のレベルを上げることを常に意識してやっていきましょう。 ty
(年寄りになると説教くさくていけません.....でも大切なことは伝えないと、若い人のためにならないと思い書きました)
スポンサーサイト