教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



My sincere hope
『儲かるか儲からないか(得をするのか損をするのか)だけで、科学者は自分の立場を変えたりしない。
 科学者がまず一番最初に考えるべきなのは、どの道が人類(みんな)にとってより有益かということだ。有益だと判明すれば、たとえ自分には利益がなくても、その道を選ばなくてはならない。
 無論、みんなに有益でありなおかつ自分も儲かる(得をする)というのが理想ではあるが』
 
 湯川 学 准教授(「実に面白い」のセリフで有名な物理学者 もちろん架空の人物 東野圭吾 著 ガリレオシリーズの「真夏の方程式」にでてくる言葉)
 
 世間ではSTAP細胞の件で、ドタバタしています。科学者として仕事をするなら、真摯にやるべきです(医師として働くのも同じですが)。結果などというものは、真実が示してくれるものであるので、我々(まわりの人達)が云々できる(言える)ものではありません。 物事の真偽は不明ですが、これは真実かと思います….「科学者は、嘘をついたら退場です」 ty
スポンサーサイト