教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



準備をしっかり
 日循で研究に関してのプレゼンを行いました。イマイチのできでしたが、理由は準備が万全ではなかったことです。やはり、英語の発表では準備不十分の誤魔化しはききません。ちょっと反省…
 毎日の時間の使い方を再度、見直しましょう(自分に対して言っています)。「訓練と実践」の課題を日々きちんと回している人と、やるべき準備を怠って、「目の前の仕事を片づけること」にしか意識が向いていない人とでは、成長のスピードがまったく異なります。
 自分の時間の使い方を、今一度みつめ直してみましょう。…と再度自分に言い聞かせておきます。 

 今年になって、K先生(現 神鋼病院)の論文がCardiovascular Researchにacceptされ、大学院修了の審査のプレゼンテーションも、私が聞いていてもかなり完成度が高く、しっかり勉強も準備もして本当に成長した姿を見せてくれました。無事医学博士を取得できました(そのはずです?)。さらに、本当にギリギリになりましたが、数日前にK先生(大学院4年生)の論文がJournal of American Heart Associationにacceptになり、なんとか卒業できそうです。彼は、本当に数多くのnegative dataのオンパレードで苦労したと思います(最初の方の私の仮説が悪いのだと思います…申し訳ない 最近は、自分でアイデアを出して、実験計画をたてて遂行しています…それでこそ、scientistと言えます)。でも、うまくいかないのがscienceというものですし、仮説通りにいく様な研究をしても、正直面白くありません。うまくいきだすと流れに乗るのか、positive dataもちらほら出てきています。影響力のある論文をどんどん書いて欲しいと思っています。
 先日のおみくじの『一番大吉』の効果がみんなに波及すれば良いと思っています。HAPPYは皆で共有する方が、よりHAPPYになれます。油断せずにがんばりましょう。 ty
スポンサーサイト