教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



『もし大学病院の外科医がビジネス書を読んだら』-仕事や人生が楽しくなる“深いい話”- 海道利実 著 
 この本には、私がこのブログで書いてきたようなことが数多く書かれていました。初刊が昨年の11月ですので、そんなに古い本ではないのですが、最近この手の本が多いように思います。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」をもじってタイトルがつけられていることは想像に難くないと思います。この先生は、移植医療に関わる外科医であり、多くのノウハウ本と呼ばれるビジネス書に書かれていることをsummarizeして書いてくれていますので、あまりそういう本を読まない人には、かなり勉強になろうかと思います。でも、この著者のoriginalのためになる“深イイ言葉”も多く書かれており、この先生の奥の深さを感じます。
51LL7UuKWcLAA160.jpg
印象に残った海道先生の言葉を少し紹介しておきます。
 1. No excuse  (言い訳するな!)
 2. No busy (忙しいと言うな! これは私も実践しているつもりです)
 3. No complaint (グチを言うな!)
   すなわち、negative wordを言うなということですね。
では、明るくなる魔法とは、
 1. おはようございます
 2. おつかれさまでした
 3. ありがとう(ございました)
   すなわち、挨拶と感謝ですね。是非、実践していきましょう。

失敗したときの“深イイ話”
「手術でも、仕事でも、人生でも、成功体験は80%くらいで、失敗体験が20%くらいあったほうが良い。失敗から学んで、次に生かせば良い」
「失敗経験は、人を優しくする、暖かくする、大きくする」

   本当にそう思います。長く生きていると、失敗も多いので、少しずつ丸くなっていくのでしょうか。人生においては、結構つらい失敗もありますが、これも修行なのかも知れません。もっと、優しく、暖かく、大きくなれということなのでしょう。 ty
スポンサーサイト