教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ECRS
 一見つまらないように見える事も、誰かが考えたイノベーションであり、その工夫された過程を考えてみると、自分がアイデアを考えだすときのトレーニングになります。新聞に紹介されていた物ですが、男性トイレの上に「手洗い」をつくり、その水を「便器洗浄」にも使用するアイデアを実現したものです。高速道路のサービスエリアなどで導入され始めているようです。
yjimage_20140115093150145.jpeg
 これを考えた人は、おそらくECRSを考えてこのアイデアをだしたのではないかと思われます(これは新聞の記事ではなく、私の意見です)。前にも紹介したECRSを覚えていますでしょうか?
 ECRSは、Eliminate(排除する/やめる)Combine(統合する)Replace(交換、入れ替え)Simplify(簡素化、単純化)の順番で解決しながら、新しいものを構築することです。
 混む時間帯で、トイレがもっと多いほうが良い…そして、手洗い場で混み合うことも避けたい。手洗い場をeliminateして、その面積を便器にreplaceしたい。そのために、便器と手洗い場をcombineしてsimplifyできないか?ついでに、手洗いの水と便器洗浄の水をcombineして、水の節約につなげられる(20%程度の水の節約になるようです)。…というような感じで進んだのではないかと想像します。
 新しいものや、あっと思うものに出会ったときに考えてみると、新しいアイデアを創出するトレーニングになります。ty
スポンサーサイト