教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)
 1/12に、神戸大学医学部附属病院で開催されたJMECC (ジェイメック:Japanese Medical Emergency Care Course、日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)に参加させていただきました。私は循環器専門医ですが、ACLSを受けないでも専門医になれる世代でありましたし、実はBLSしか経験がない状態でしたので、一度はもう少しadvanceの心肺蘇生を含めた勉強をしたいと思っていました。12月の〆切り後に、これが開催されることを知ったのですが、枠にまだ空きがありましたので参加をお願いしました。インストラクターの先生や看護師さん、丸一日ほとんど休憩のない指導をしていただき、本当にごくろうさまでした。みんなのための貢献に対して、尊敬し、感謝いたします。あと、私以外は研修医と学生の参加者ばかりで、しかも普段(心臓のみですが)コンサルティングをされる方の医師の参加で、指導する方に気を使わせてしまったことは申し訳ありませんでした。でも、できないものは、できないので、少しでもできるように勉強させていただきましたし、そういう機会をいただけたことに感謝しています。
 とにかく私は普段は運動しませんし、実習ですのでほとんど使用しない筋肉をかなり使用して様々なトレーニング/シミュレーションをしましたので、両手の握力が落ちる位でしたし、しっかりと筋肉痛になっています。トホホ...(若い研修医にはどうってことはないのでしょうが、老体にはかなりきつかったです)
 受講して感じたことは、(当たり前ですが)心臓だけ分かっていても人は助けられない…ということ。最近は、内科全体の勉強をあまりしない状態ですが、色々な疾患ベースの急変のシナリオが用意されていて、普段使用しない脳を少しは活性化できたのでしょうか? エビデンスはどんどん更新されて、常識が変化して、対応が変わっていることも感じました。そして、理論は分かっても、緊急時には頭も体も思うようには動きませんし、ましてや人を動かして救命チームを効率的に作動させるのは、かなりの経験と普段からの(イメージトレーニングを含めた)訓練が必要だ…ということが良く分かりました。最近は、立場上遭遇する機会も減っていますが、こういう場面は忘れた頃にやってくるので、油断せずにいたいものです。 ty
スポンサーサイト