教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー (Part 4)
7tu.jpg
第四の法則;Win-Winを考える
 我々は、物事を「強いか弱いか」「厳しいか甘いか」「勝つか負けるか」というような二者択一で考えがちです。しかし、この考え方には根本的な欠陥があります。これは、自分の権力や地位にものを言わせる態度であり、公的成功とは、他者を打ち負かして手にする勝利のことではないということを理解しないといけません。関わった全員のためになる結果に達するように効果的な人間関係を築く/選択肢を選ぶことを目指す必要があるということです。
 Win-Winの関係を築くのが難しい場合には、取引をしない「No Deal」という結論も大切になってくる…と書かれています。
 自分(もしくは自分の所属する組織)の利益を考える「部分最適」は、誰でも簡単に目指せるのですが、もうワンランク上のWin-Winの関係=「全体最適」を考えて行動ができるようになりましょう。
 この実現のために、コヴィーさんは5つの柱が必要と書いています。
豊かさマインド(周りの人にも満足を与えられる考え方)を持つ「人格」
高い信頼残高(信頼度の積み重ね)を得られる良好な「関係」
互いの期待を明確にした「合意」
この3つを支える「システム」 そして、Win-Winの関係を求め目標まで到達しようとする「プロセス(過程)」だそうです。
 ちょっと、難しいかもしれませんが、何事も相手のことをよく考えて、Win-Winをめざしましょう。 
スポンサーサイト