教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



世界のおわり
セカオワ SEKAI NO OWARIというバンドをご存知でしょうか? ボーカルがキャリーパミュパミュと付き合っているとか言われているバンドです。紅白にでるのかと思っていましたが、今回はでないようです。
『スターライトパレード』『ファンタジー』などいい感じの曲があり、ボーカルの声も私は好きで聴いています。でも、問題提起をするような歌詞の曲も数多くあります。『天使と悪魔』『虹色の戦争』など、いじめや戦争をあつかった曲が多いように感じます。
ef961c09-s.jpg
『Love the warz』の歌詞です。
Peaceの対義語の戦争をなくすため何回だって行う戦争
朝がなければ夜もないそして悪がなければ正義もない
そして不自由がなければ自由もない
だから戦争がなければPeaceもないのかい?
(中略)
そうさ僕らは幸福世代僕らの平和を守るため
僕らの世代が戦争を起こしますそいつの名前はLove the warz
世界が信じたLove&Peace
Peaceを守るためいつしかみんなで悪をミナゴロシにして
世界は何かを忘れてきた
……

「自分達は正義である」「この戦争は聖戦である」というような某大国の主張に対して、誰がみてもおかしいけれど、何もできないこの現実に対して、日本の若者からの問題提起でしょうか? このようなバンドが売れるのであれば、日本も捨てたものではないのかもしれません。 ty
yjimage-1.jpeg
スポンサーサイト