教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Cool Head, Warm Heart.
  ある本に、私が常に考えていることと同じような意味の言葉が書いてありましたので、引用して紹介したいと思います。『Cool Head, Warm Heart』これは、経済学者ケインズの先生にあたる、アルフレッド・マーシャルさんの言葉だそうです。
 読んだ本の著者は、
「世の中や人間、起きている現実は、極めて冷静に見る。醒めた見方をする。もっと、冷徹にとらえる。過大な期待をしたり、過大な評価をしたり、勘違いをしたりしない。厳しい状況に直面しても、それを当たり前に起こりえるものとして受け入れ、悲嘆したりネガティブ思考に陥らない…Cool Head」
「一方で、心は常に前向きに、上向きに、熱く保つ。知識やロジックだけで行動しない。誰かのためや全体を意識し、誰かのために仕事をする…Warm Heart」
「その場の損得で物事を考えたり、とらえたりしない。ご縁や偶然の意味を理解しようとする。一所懸命に生きることを常に考えている…」
というような解釈をしていました。シンプルな言葉で、簡単に思えますが、実践する事は極めて難しい。だからこそ、いつも頭で思っていないと実践できません。『Cool Head, Warm Heart』いつも、両方がきちんと自分の中で働いていると事がうまく運ぶように思います。 ty
スポンサーサイト