教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



イノベーション 
 どの領域でもイノベーションを起こし続けないと、やっていけない時代のようです。
 先日の東京モーターショーで、TOYOTAとHONDAの開発している水素エネルギーを用いた、次世代燃料電池車が発表されていました。
TI1_1093.jpg
主に天然ガスから作られる水素を燃料にして、走る車ですが、水素を燃焼させても、でるのは水のみ(2H2+O2⇒2H2O)なので、後ろのマフラーから水を吐きながら走る、究極のエコカーということになります。プリウスの時もそうでしたが、また日本からひとつイノベーションが起きていると思います。シェールガスが商業的に実現して、日本近海でとれたシェールガスから水素を取りだし、この車を走らせれば、化石燃料に頼らなくても国産の燃料で車を走らせることができるかも知れません。 
 電気自動車を走らせても、その電気は火力発電で化石燃料を燃やして、大量の二酸化炭素を輩出しているわけなので、一見エコですが、よく考えるとそうでもないことに薄々気づいていると思います。今は、水素カーは1台1000万円くらいするそうですが、数年で300~500万円にまでなる予定だそうです。そして、ガソリンスタンドで、水素を入れられるようにしていく計画のようです。次は、プリウスのようなハイブリッドか電気自動車かなあ?と思っていましたが、水素カーが実現すれば、こっちの方が良いかもしれません。

 みなさんも、医療の分野で何かイノベーションを起こそうとしているでしょうか? 
 『少なくとも一度は人に笑われるようなアイデアでなければ、独創的な発想とは言えない』 ビル・ゲイツ
 大学で研究する限りは、こじんまりとまとまらず(論文が書ければえ〜わ〜とか思わず)に、世の中を変えるかもしれないようなことを目指して(夢見て)研究に取り組んで欲しいと思っています。 冒険してみませんか。ty
スポンサーサイト