教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



7つの習慣 (Part 0)
『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー
 もし色々な悩み事がある人は、是非この本を読むことをお薦めします。読書をする余裕がない位に忙しかったり、悩んでいる人は、マンガや図解した本など易しく解説してくれている本がありますので、それを読んでみてください。企業の(新人)研修会などでも取り上げられることが多いこの本ですが、そういう研修の経験のない医師や看護士には大変ためになると思います。特に、人の指導をする立場の人には必要かと思います。 
7tu.jpg7ty manga

 一部になりますが、シリーズで紹介していくことにします。
 まずは、「7つの習慣」に入る前に、解説されている「ためになる言葉」を紹介しておきます。
「効率を上げることが、本当に問題の根本的な解決になるのだろうか。より少ない時間でより多くのことを成し遂げるだけで、本当に生活が良くなるだろうか(その人が成長したといえるだろうか)」
コヴィーの言葉を別の言い方をすれば、「真に成功する者は『成功するために、コツを知りたい』とは考えない」ということです。「即効性のある解決を求めようとする考え方こそ問題である」とも言えます。
 私もそうだったようにも思いますが、例えば研究を開始したばかりの人は、何とか早く成果を得たいと考えます。もし、幸運にもそれ(まだ十分な考える力や実施する技術がないのに一旦成果がでること)が達成されても、それは表面的な解決にしかなっていません。もし継続して成果を出し続けるという目標を持った時に、より深刻な事態になって「実力がないという問題」が再発することになります。やはり、時間をかけての弛まぬ努力ができないと、直ぐに止めないといけなくなってしまいます。
 表面的成功(表面上のテクニックだけで多くの成功を勝ち取ろうとする考え方/成果主義・個人主義)ではなく、真の成功(誠実さや人柄も磨き、実力をつけて信頼を築くという考え方/人格主義・真の実力主義)を目指し、持続的に評価されることを目標にしてください。それでないと、成長し続ける事はできないと考えますし、指導する立場になった時に行き詰まるように思います。 ty
スポンサーサイト