教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



あるTV番組で
 NHKスペシャルで『心臓病』を題材に取り上げていました。人類が進化の過程で、心臓の収縮力を上げて、冠動脈疾患にもなり易くなってきた…というような内容でした。は虫類の心臓は、人で言えば緻密化障害のような状態であることを知りました。
しかし、いつもながらNHKの思い込み(思い込ませる=刷り込み)番組作成方法には参りますね。何年か前のN-glycolylneuraminic acidとその抗体の反応が、動脈硬化に関連するのではないか?という論文(そんなに、その後は注目はされていない)を、この物質が動脈硬化(特に血管炎症)の起因になっている…かのような表現をしていました。まあ、原因のone of themではあるのかも知れませんし、番組構成を分かりやすくするのは良いのですが、素人相手だからと思って、この単純化は、人をバカにしているとも思います。
民放の「ほこxたて」という番組で、編集で事実を曲げて番組を構成して、問題になっていましたが、本当にこういうのは困ります。まあ、少なくとも科学を扱う仕事の人は、くれぐれもこのようなことが無いようにしてください。『科学者は、ウソをついたら退場です』 
スポンサーサイト