教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



留学の話し
 明けましておめでとうございます。新年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。(私は、ちょっと体調が不良ですが....)
1月5日の医局会で、教授の年頭所感のお話がありました。循環器内科としての本年の目標や運営方針などのお話がありました。その中で、「留学に行きたい人は、いつでも言ってください。その人の努力によって判断しますが、できる限りのサポートをいます。」ということでした。
 最近、色々な意味で海外に出かける若者が減っているようです。日本の生活に満足し、インターネットなどで検索すると何でも分かったような気になり、わざわざ豊かな日本から高いお金を支払って出かけていく意義がなくなったと感じているのかも知れません。
 循環器内科においても、海外留学する人、さらに留学希望の人が減っているように感じます。新研修システムが導入されてから、大学に帰ってくる時期が遅くなり、年齢的にも留学の時期を逸してしまっているのかも知れませんが、貴重な人生経験の場を失っていることになり残念に思います。
 留学とひとことで言っても、市中病院で診療に忙しく従事している医師/研修医にとっては、どのように進めるかさえピンとこないでしょう。また機会があれば留学の話しも書こうと思いますが、したい人は是非、早めに相談してください。(ホームページにある問い合わせメールアドレスもしくは私のメールtomoya@med.kobe-u.ac.jpに連絡してください。)ty
スポンサーサイト