教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



伝え方 
 コピーライターの書かれた、最近出版された本を連続で読みました。
『伝え方が9割』佐々木圭一 著(ダイヤモンド社)と
『「売り言葉」と「買い言葉」心を動かすコピーの発想』岡本欣也 著(NHK出版新書)です。なぜ、同じ様な本を読むかというと、繰り返しでてくることは重要である…ということで、本当に大切なことが分かります。別に、コピーライターになるわけではないですが、我々も心に響くタイトルやアピールのための引きつける言葉が必要な場面は結構ありますので、そのためになるかと思って読みました。やはり、同じ様な内容の部分が多くあって、是非使うべき手法は印象深く残りました。コピーの作り方の基本も書いてあり、あまり意識しなかったことも少し見えてきたりしました。
 K製薬のコピーは、かなり工夫されていることに気付きました。 
「あ!K製薬」というテレビコマーシャルは、「あ!」をいれることで、大変印象深く聞こえます(サプライズ法と言うそうです)。「熱さまシート」などの絶妙な命名も上手です。
 基本は、相手の立場になって考えること。相手の心に響くこと。 
常にこの気持ちで取り組めば、仕事でも何でもうまくいきます。 ty
スポンサーサイト