教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



鬼十則
 出張で、東京の汐留(新橋)に行くと、そこには電通の本社ビルがありました。電通を知っていますか? あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、広告関連の会社の中では、最大手であり、海外でも活躍する企業です。
 たまたま、その近くの駅地下にある本屋さんに立ち寄って、涼みながら本を見ていると、『電通「鬼十則」広告の鬼 吉田秀雄からのメッセージ』という本を見つけました。電通の近くだからか、(古い本なのに)5冊くらい並べてあり、興味を持ったので買って帰りの新幹線の中で読みました。
その十則について紹介しておきます。 まずは、最初の1〜5番目を今回紹介しておきます。(後半は、また別の機会に)

 仕事は自ら「創る」べきで、与えられるべきでない。

 仕事とは、先手先手と「働きかけ」て行くことで、受け身でやるものではない。

 「大きな仕事」と取り組め。小さな仕事は、己を小さくする。

 「難しい仕事」を狙え。そして、之を成し遂げる所に進歩がある。

 取り組んだら「放すな」 殺されても放すな。 目的完遂までは。

 今から60年前に、電通の4代目社長の吉田秀雄さんが、社員などのために書かれたそうです。ある意味、当たり前のことではありますが、常に意識すべき大変重要なことが書かれていると思います。ビジネスマンをターゲットに書かれた言葉であるとは思いますが、我々にも大変役立つ言葉です。特に、3番目の言葉は、かなり重要であると思います。意識していないと、ドンドン小さくなっていく可能性があります。注意しましょう。 ty
スポンサーサイト