教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



大きな夢を持っていますか
 6/28は、横浜で開催されている抗加齢医学会総会に参加して、シンポジウムでお話しをさせていただきました。様々な薬品/食品/化粧品などの会社の研究者やアンチエイジングに関連する医師が数多く参加されている学会のようです。
 他のシンポジウムで、ベンチャー企業の(株)ユーグレナの社長の出雲 充さんが講演をされており、それを拝聴しました。euglenaを知っていますか? これはミドリムシの学名で、会社の名前になっています。logo.gif 彼は、まだ33歳ですが、東京大学農学部でミドリムシの研究をして、この植物と動物の両方の性質をもつ生物が、将来の(現在の?)地球の食料問題/エネルギー問題/環境問題を解決するkeyになるであろうと考えて起業されています。東南アジアなどの国では、実は炭水化物が不足する食料事情はなく、タンパク質などそれ以外の栄養素の不足が大きな問題であるようで、euglenaを食品として供給することで、ビタミンもタンパク質も十分なカロリーとともに供給できることを目指しておられるようです(EPAやDHAも入っているようですので、成人病予防にもなるかも知れません)。ミドリムシはコンタミのない培養が難しかったようですが、それを解決して数年前に石垣島でミドリムシの大量培養工場を設立して、それを食品にすることでビジネスにされています。mainimage_euglena_20130629075101.jpg
さらに、本日の講演ではこの話しはなかったのですが、バイオマスと言われる穀物からエネルギー(バイオエタノール)を造ることで有名になりましたが、将来は光合成のできるミドリムシを用いて、このバイオマスエネルギー供給(ミドリムシで飛行機を飛ばすこと)も考えておられるようです。これが実現できれば、二酸化炭素を減少させながら、エネルギー供給ができて、地球温暖化対策にもなりそうです。
 ということで、よくテレビ出演もされており、いつもミドリムシにちなんでか、華やかな薄いミドリ色のネクタイがトレードマークになっています。(今日もそのネクタイをされていました)
 夢のある企業なので、応援したくなりますが、将来性はどうなのか私には判断しかねます。でも、彼のように夢を抱いて何か大きなことを妄想しながら生きていければ楽しいと思います。 ty
スポンサーサイト