教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



指導について(私心)
 最近は、「指導医講習会」なるものが存在し、指導の仕方まで講習を受ける時代になっています。昨年に、「洗脳講習会」とまでは言いませんが、この講習会に2日間かけて参加しました(正直できる限り、先延ばしにしていました)。一昔前は、もっと洗脳教育のようであったようですが、聞いていたほどには悪くなく、色々な社会勉強もできた面がありました。まだ、指導医講習を受けられていない先生は、そろそろ受けても良いかもしれません(強くは勧めません)。
 私自身は、組織に波風が立つことや個人が少々のショックを受けるともに気付く事が、時には必要と考えているので、たまには怒ったりもしますし、結構きつい言葉や、特定の人がカチンとくるような言葉を敢えて発することがあります。
 パワハラという言葉が出てきて、人(特に後輩など)に対してのアドバイスも、上手にしないといけない時代になりました。しかし、「どうでもいい人には、つねに優しくできるものである。」(オスカー・ワイルド)というような名言もあり、本当に何が、その人のためなのかをよく考えながら、その人が成長できるような指導が必要だと考えます。 ty
スポンサーサイト