教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



“お金の教養”の話し Part 1
 日本では、学生の間に”お金の教育”をされないという歴史的な伝統みたいなのがあります。最近、アベノミクスや経済の話しが話題になることが多いのですが、あまり関心を示されない方も多いと思います。何か、“お金”のことを話題にするのは品がない...というような風潮さえ、日本にはあるように思います。
 最近、ことに時間の余裕があるのか、私は経済の勉強を結構しています。その中で、勉強になる話題をシリーズで紹介しようかと思います。

 何かを購入して、お金を支払う時に考えないといけないことは、それが投資なのか消費なのか浪費なのか?ということだそうです。これができると無駄使いが減るようです(ファイナンシャル・プランナーが書いた本などにはよく書かれています)。
その定義としては
「投資」;払ったお金以上の価値を生むもの 
「消費」;払ったお金と価値が同等(と考えられるもので、必要と考える分) 
「浪費」;払ったお金より低い価値(客観的にみて)もしくは不要なもの 

ということになり、是非「投資」にお金をかけてください。投資という言葉を聞くと、「株式」というイメージしか持たない人は、勉強不足です。{その他にも、債券 FXといわれる為替 不動産 コモディティーと言われる商品の相場 そしてこれらに投資する投資信託、ETFなんていうのもありますし、さらには預金も投資商品です…というかそうではなくて} 最も価値のある確実なリターンが得られる投資は「自己投資」です。本を読んだり、学問に対して支払うお金は投資と言えるでしょうし、それが最も重要であると思います。 
 医師は、お金に余裕がある人が多いのか浪費にお金をかける人が多いように思います。しかし、例えば高級ホテルに宿泊することや一流の品に触れることも、投資であると考えられる部分もあり、一概には決めかねるところはあります。自分にとっての「価値」と「価格」を見極めるということが大切であるということです。
 みなさんは、「自己投資」(浪費じゃなくて、娯楽の費用でもなくて、自分に対しての投資)は、どれくらいしていますか? 住居費には月15〜20万円も掛けるのに、本代や学ぶための投資金額は1〜2万円くらい… なんていうのが現実ではないでしょうか? これは、(投資という考え方で言えば)自分という人間は住んでいる家の10分の1程度の将来の価値しか生み出さない…と認めているようなものです。是非、自己投資をしてください。ty
スポンサーサイト