教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



「留学のすすめ」
 日本は「そなえあれば憂いなしの国」であると思います。その国に育って….そこのみで生活をしていると、「正論は通る」と思ってしまったり、「話せば分かる...」と考えたり、「真面目であれば報われる」とか、「正しいことは正しい」と思ったりしてしまう人が多いように感じます。そうあって欲しいと思うのはみんな同じですが、この国に住んでおり「そなえあれば憂いなし」の環境だからそう思ってしまうのだろうと思います。一度、他の国に留学でもして、色々な不合理なことも経験して、頭を打った方が人間としては大きくなれると思います。
 というわけで、是非留学をしたい(実際は、「したい」ではなくて、「するぞ」)と考えてみてください。もちろん、留学は楽しいことの方が多いので、留学をして後悔した人を見かけたことがありません。
 そして、留学は『給料をもらえるようになってから』行くべきです(もしくは、留学助成金をもらって、その下地を固めてから)。個人的な意見かもしれませんが…プロとしての自覚があれば、勉強だからと全額自費で行ってはいけません。厳しい言い方をすれば、この給料や助成金が貰える...というのが、留学に行く意義のある(留学に行く値打ちのある)人である.....という証明と思っても良いと思います。給料を貰っても、家族で行くとたくさんのお金が必要になります。相手から、「雇いたい」と思われるようになるための準備を、始めましょう。 いつから始めるか? 『今でしょ!!』 
image_20130323142006.jpeg
 相談には乗りますので、遠慮なく。 ty
スポンサーサイト