教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



公正な評価を期待してはいけない.....でも
 何らかの努力をした時に、ほとんどの人は「評価してほしい」という承認欲求というのがあると思います。しかし、中々「公正な評価」というものは実現されないのが現実です。
 でも、おそらく因果の法則に従い、「上手に立ち振る舞える人」よりも、「本当に良い仕事をしている人」や「信頼のおける人」「他の人に貢献できる人」の評価が高くなると思います。「がんばっている人は、誰かが必ず見てくれているよ」という言葉は、私が大学院を卒業して研究に没頭していた頃に、現循環器内科H教授が(もちろんその頃は教授ではない時期に)私に言われた言葉です。ビジョンと戦略を持ち、信念に従い地道な努力をすることが大切だということで、私自身は“因果の法則”(原因と結果の法則 ジェームス・アレン著;当たり前のことが書いてあるのですが、中々良い本です)というのはあらゆる場面で働いていると思っています。年齢によっても、立場によっても、「求められているもの」「自分が本当にやりたいこと」などは、変化していくと思いますが、その時その時に冷静に自分を見つめ直しながら、「(人のために)やるべきこと」「(自分が)やりたいこと」をすれば良いと思っています。

 今日は、やっと日本循環器学会に参加できます(でも横浜に到着したらもう夕方)。みなさんは、しっかり勉強できていますか? 私は、日曜日の午後遅くに発表があるので、日曜日の夜まで帰られません。是非、面白い演題を見つけて、勉強しようと思っています。いつも、言っていますが、「人が驚くような、そして人のためになる研究」をしたいものです。ty 
スポンサーサイト