教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



仕事は「量」と「質」のせめぎ合い
 仕事に慣れてくると、徐々にたくさんの仕事を任されるようになります。その時に、『がんばる人』と『不満に思う人』がいます。
 仕事が増えることは、つらい事だと思っている人は、不満に思うでしょう。「同じ給料なのに、仕事が増えるのは損だ」「休みがつぶれる」「早く帰りたかったのに」…こう思う人には仕事は少ない方がありがたいでしょう。残念ながら、そのような人は、成長の機会を失っていることにも気付けず、昔ならおこってくれる上司もいましたが、今は「パワハラ」という言葉がそういう環境も奪い、ますます仕事が任されなくなり、結果として成果も挙げにくい立場になり、企業の中なら昇進ではなくリストラの対象にもなりかねません。不満の多い人は、まず考え方を変えることをお勧めします。このような人は、「何でも他人のせいにする」傾向が強いように思います。まず「他人」は変えられませんので、自分が変わってください。
 自分を変えるための参考書;スティーブン・R・コヴィー著 7つの習慣 の中のインサイド・アウト=自分が変わることでしか、環境は変わらない

 ここからは、『がんばる人』へのアドバイスです。がんばる人には、もっと仕事が回ってきます。多くの問題点にぶつかって苦労もすることになりますが、仕事の仕方も工夫するようになるし、こなすスピードも速くなってきます。しかし、ここで問題になってくるのは、仕事量を拡大した時に、時間は有限なので、1つ1つの仕事の質が落ちる可能性があります。必ず考えないといけないことで、仕事は常に質と量のせめぎあいです。量を自分でコントロール仕切れなくなる時は、本当に質に注意しながら仕事をしないと、誰かに迷惑をかけたり、クレームの対象になってしまいます。殊に、仕事においては、この質と量はどちらか一方だけを重視するということができない、両方をとらないといけないので、そのバランスをどうとるか…という判断が難しいと痛切に感じます。答えは、人それぞれなので、常に自分はどうあるべきか?を考えて決めてください。(アドバイスになっていませんでした…申し訳ない)ty
スポンサーサイト