教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



良い提案とは?
 上司は部下に対して、「何でも提案してくれ、若い人のアイデアを活かしたい。意見があったら言ってくれ」というように言うでしょう。しかし、いざ提案したら、「それは…ちょっと…」と言われ、「話しが違うじゃないか」と言いたくなります。
 実は、これは『提案力』が足りないのです。上司を動かすだけの良い提案ができていない自分の責任であるとまず考えないといつまでもうまくいきません。上司というのは、忙しくても組織や会社のため良い提案だと思えば、絶対に聞いてくれたり採用してくれます。つまり、良い提案とは、『上司を悩ませる提案』であるということです。忙しい、予算がない、人手が足りないなどの要素はあっても、それをクリアしてでもやりたいと上司を悩ませるような提案をしないといけない…ということです。 
 大切なのは、自分から提案することで、それがなければ実は何も始まりません。上司からやりなさい…と言われるような仕事をいくらやっても、それは自分の業績としては認めてもらえません。
 是非、上司をいい意味で悩ませるような提案を考えてみましょう。
       (参考図書;プロフェッショナルの教科書 俣野成敏 著) 
スポンサーサイト