教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



新年あけましておめでとうございます
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
本年最初の話題は、元旦の各社新聞朝刊に掲載されたコマーシャルについてです。

「頼れる、しかも、愛される」。
世界にとって、
ドラえもんみたいな国に
なれるといいな、ニッポンは。


 新聞半面の大きなTOYOTAの広告ですが、会社のマークのみでTOYOTAという文字はでてきません。そして、ReBORNと書いてあります。TVのCMで、北野たけしが豊臣秀吉としてReBORNした…(キムタクが織田信長)というTOYOTAのCMがありましたが、その北野たけしと車の写真と上に書いた言葉のみのシンプルなCMです。(私は、日経と神戸新聞しか見ていませんが、どうも写真が微妙に異なっていました。)
 2012年度、厳しい情勢の中でも利益1兆円を越えた企業から、我々日本で生きる人々への自信のメッセージともとらえられますし、忠告のメッセージともとらえられます。ジャン・レノさんをドラえもんに見立てたCMにも関連しているのでしょうか?

 マンガにでてくる「本当のドラえもん」のセリフです。
「いやなことはハッキリいやといわなきゃダメじゃないか。」

「未来なんて、ちょっとしたはずみで、どんどん変わるから。 
何かしようと思ったら、そのことだけに夢中にならなくちゃだめだ。
ほかのことに気をとられちゃいけないんだ。」


 このCMを、どのように捉えるのかは、人によって違うと思いますが、TOYOTA自動車が、どのようなことを伝えたかったのかを考えてみるのも面白いと思います。 ty
スポンサーサイト