教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



人が認める理由
 あることを人が認める場合に三つの理由がある。
まずは、その事について何もしらないから。
次に、それが世にありふれているように見えるから。
そして三つ目は、すでにその事実が起こってしまっているから。
 もはや、そのことが善悪のどちらなのかとか、どんな利害が生まれるのかとか、どんな正当な理由があるかなどということは認める基準にならないのだ。
 こうして、多くの人が、因習や伝統や政治を認めることになる。  『曙光』ニーチェ

 今回の選挙で、日本人の多くは、「JMN党」を認めたわけです。何もしらないから?なのか、おそらく正当な理由はないようにも思います。投票率は60%と、注目された割に低く、今後大きな負担を強いられる若い人達の投票率は低かったことが予想できます。より高齢者優遇の政策になるのは目に見えていますが、それも因果といえるのでしょう。 参加した人達が文句を言うのは正当ですが、投票をあきらめた人は、文句を言うのもあきらめているということです。
 同じような現象は、色々なところで観察出来ます。考えてみてください。 ty
スポンサーサイト