教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



師走に仕事について考える  そして....近況の報告 
 真面目に仕事(job)をしていますか?それは良い事です。でも、人のためであっても、体を壊す位にくそ真面目にやるのはあまり感心できません。人生の中で、自分の時間をどのように使用していくのか?これは永遠のテーマなのかもしれません。
 医師として診療に一生懸命になること、研究に一生懸命になること…それぞれの年代に応じてやるべき事に一生懸命に取り組むことは重要だし、大切なことだと思いますし、私もそうしてきたつもりです。大学病院/大学/大学院という場所は、学問をする場所なので、我々教官は、「診療」「教育(医学生・研修医・専門医)」「研究(大学院生)」の指導が求められます。大学に所属するみなさんは、上手に教官を利用して、自らのステップアップを目指してください。
 私は、昨年から病棟の責任者として働くことになり、また別の力量が必要(求められている)と考えて、勉強の対象をかなり広げて、自らの専門とは異なる分野の勉強を色々とはじめました。具体的には、この1年半くらいで「リーダーシップ」「教育論や教え方」「クレーム対応」「仕事術」「人生論」「自己啓発」「哲学」「経済・金融・投資」などの本をかなり読みました。私の勉強法は、誰かに教えてもらうのではなく、何かに興味を持ったら、その分野の本を5〜10冊くらい買って、いっきに読みます(残念ながら、図書館で借りて読んでも身につきません)。幸い、今はインターネットでも様々な情報が手に入ります。本の選択は、正直適当でいいと思っています。その中で、何度も繰り返しでてくる言葉や考え方は、当然重要であると考えて、何度か目を通しながら頭にたたきこんでおくようにします。そして、勉強したことは実践して「失敗しようが、成功しようが、まずやってみる」ようにしています。実は、このブログも「インプットしたことは、アウトプットしないと身に付かない」とよく書いてあるので、勉強した「インプット」事項を「アウトプット」する(ことで身につける)ために書いているところもあります。
 ここ最近の2ケ月ほどは、久しぶりに「経済」や「投資」に興味がわいて20冊くらいの本を読み、新たに証券会社に口座も作りました。相変わらず、証券会社に行ったことは一度もありませんが、昔に比べてインターネット証券会社が数多くあって、合併したりつぶれた会社もあり栄枯盛衰という印象です。さらに実践で、高額ではないですが株も久しぶりに買ったり、初めて投資信託にもチャレンジしてみました(うまくいくかどうかは不明)。始まりが、外国株(中国株)でしたので、私の興味は日本よりは海外グローバル投資になってしまいます。本当にグローバル投資も簡単にできる時代になり、「投資」=「日本株」という考えは古いと思います。私の投資は、本に書いてあることを尊重はしますが、信用はしませんので、普段の行動パターンと同じで自分のスタイルに合う考え方のみを抜粋して実践しています。これは中々、面白いのですが、飽きっぽいので、すぐに興味が異なる対象に移っていって、またほったらかしになると思います。私より経験の多い方は、また声をかけていただきアドバイスしていただければ幸いです。
 これは重要なこと(でも、私個人の意見)ですが、プロか相当な自身がなければ...「投資は勉強のためにすることは大賛成ですが、本当に儲けようと欲を出すと、火傷をする」と思います。くれぐれも、これを見てからはじめようと思う人には、忙しいお金は投資しないようにアドバイスしておきます(どの本にも、このことは書いてあるので、これは真実かと思いますし、私も火傷はしたくないので、中国株で発生したバブルのお金のみの投資しかしていません)。jobも楽しみながらやらないとうまくいきませんが、まあこれも、私にとって一つのbusinessとして、勉強しながら楽しみたいと思っています。人生は、何でもenjoyしたもの勝ちです。
 
 さあ、12月(師走)です。“先生(師)”と呼ばれる人は走り回ることになるので、みなさん準備はできていますか? 私は、先週2つのプレゼンと丸々2日間の指導医講習会をこなしました(病棟医長を代行していただいたY先生に感謝いたします)が、今週も徳島で開催される学会に参加して、シンポジウムで発表させていただく予定です(準備はOKです)。12月〆切りの日本語の原稿3本は全て終わらせましたので、K先生の投稿中ATVBの論文のreview(査読の返事)に対しての戦闘準備モードに入りつつあります(まだ、返事は来ませんが、来たら本当の戦闘態勢になります/その時は、あまりしゃべらなくなるかも知れませんが、そっとしておいてください)。しかし、現状では十分に“時間にも心にも”余裕がありますので、仕事の依頼や相談事はどんどんしてください。
 そして、8日(土曜日)には内科学会の近畿地方会があり、研修医のS先生に発表していただきます。また、15日(土曜日)にも日本循環器学会の近畿地方会があり、E先生とY先生が研修医セッションで発表することになっています。是非、この機会を利用して、みなさん成長してください。 そして、その指導をしていただいた、T先生、K先生、M先生に感謝いたします。
 今年の、循環器内科の病棟・医局の忘年会は、本当に年末になってしまいますが、27日(木曜日)に開催される予定です。みなさん、参加できる人はできる限り参加してください。今年もあと4週間だけになりましたが、元気をだしてがんばりましょう。 ty
スポンサーサイト