教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ガネーシャの言葉(課題) Part 3 ….応募する
「そろそろ自分が『劇的に変わる方法』教えとこかな思て」
「一番効果的で、劇的な変化が望めるんは…..『誰かに才能を認められる』ことや」「そのために『応募すること』でアピールすんねん。これは自分の才能が他人に判断されるような状況に身を置いてみるんや。それを応募って言葉で表してるんや」「でも、みんな怖いねんな。自分に才能がないって判断されるのが怖いねん。でなも…..」「確かに、なかなか自分の才能は見出されんかも知れへんけど。それでも可能性あるところにどんどん応募したらええねん。そこで、もし才能認められたら、人生なんてあっちゅうまに変わってしまうで」   『夢をかなえるゾウ』 水野敬也 51bV4LqNq6L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

 この応募することは、自らの成長のために非常に重要なことだと思います。
まずは、学会に演題登録すること… 学会の研修医セッションで優秀賞をとること…
研究グループの中で、やりたい研究を提案してみること… 
論文を投稿すること…  学会で賞をとること… 
科学研究費に応募すること… (もうすぐ、10月の中旬が学内の〆切りです)
財団の研究助成に応募すること…(自分の本当にやりたいことがあれば、自ら夢を語って研究費を獲得すれば、誰にも気兼ねなく好きな研究ができますよ) 
応募すること=チャレンジすること…  ガネーシャ(上の絵のインドのゾウの格好の神様)のこの考えは、正しいように思います。 
さあ、チャレンジして、人生を変えましょう(変える準備をしましょう)。 ty
スポンサーサイト