教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



学生教育(循環器内科)
昔から、循環器内科は、学生教育にかなり力を注いできました。
その伝統を受け継ぎ、教官/チューベン/研修医が学生を教える環境を整えており、学生に成長してもらいたいと考えています。毎週、木曜日の朝の8時30分からは、チャートカンファレンスを行っており、まずは学生(5年生と6年生)に担当症例のプレゼンテーションを行ってもらい、勉強の成果を発表していただきます。もちろん、患者さんの治療法の検討をはじめ、主治医として議論に参加してもらいます。その後、研修医に主治医団の代表としてケースプレゼンテーションをしていただき、深い議論を行います。 
内部・外部を問わず、見学したい『学生』もしくは研修希望の『研修医』は、見学の際は、是非木曜日に来ていただき、このカンファレンスに参加いただければ、肌で雰囲気なども感じていただけると思います。 
DSCF0064.jpg

カンファレンス発表前には、研修医の先生が学生の指導をしてくれます。
教えられる方も成長しますが、実は教えている方がもっと成長しています。
DSCF0055.jpg

チャートカンファレンスでは、学生にとって少し難しい症例も扱います。その際には、その疾患に関しての重要ポイントや、学生の段階で知っておくべき知識をまとめながら、頭の中の整理できるように指導をしています。
img1008.jpg

学生の真剣に聴き入る姿を見ていただければ、この雰囲気は伝わるでしょうか?
img2009.jpg

スポンサーサイト