教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



よくがんばっていますね
 最近は、研修医の参加できるcompetition形式の勉強会や学会の取り組みが増加してきました。若い先生が興味を持って参加できるように工夫されて、これは良い事だと思います。
 そのような中で、成果を連続で出しているのが、今年2年間の神戸大学での研修を修了して神戸RC病院に行ったSGS先生です。4月中旬に京都で開催された日本内科学会総会のサテライトセッションの発表で優秀賞をもらい、4月後半に行われた心エコー図学会のクイズ形式のcompetitionでも優勝したようです(こちらは、現在神戸大学で研修中のAKT先生とYSD先生の3人での出場で、優勝したそうです)。おめでとうございます。みんなよく頑張りました。
 SGS先生は、大学病院の2年の内、1年目の1.5ケ月と2年目は6ケ月を当循環器内科での研修に当ててくれました。個人の努力が最も重要ではあると思いますが、これだけの成果をだしてくれると、指導した我々も非常に嬉しいというのが本音です。SGS先生は、学生や年下の研修医の先生を本当によく指導してくれていました。やはり「人を指導することは、自分自身の成長につながる」ということを身を以て示してくれたと思いますし、大変感謝しています。AKT先生もYSD先生もSGS先生のことを褒めていましたし、目標になっていると思います。お互いが、切磋琢磨できる環境を維持すること、そしてそれが当たり前になってくれると、みんながさらに成長できるでしょう。さらに伸びて、またそのさらに上を目指して、2年後くらいに大学に帰って来てもらえればと思います。ty
スポンサーサイト