教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



人口減少で何が起きる?
 こんな本を読んでいる時に、たまたま出張で東京のホテルで朝食をとっていると、『ここはどこ?』という感覚に襲われました。本
周りにいるのが、(従業員以外)全て、外国人でした。 かなりの数の中国人と、欧米からの旅行客と、パイロットやキャビンアテンダントなど、全ての目に入る人が外国人でした。 日本人っぽい方は、ご高齢の御夫婦が一組のみ(もしかしたら日本人でないかも)という状況で、ここはどこにいるのか?と思って、何か変な感覚になりました。 でも、東京で駅や街中を歩いていると、人口が減っているという感覚は全く感じないですし、こんなところで暮らしたくない...と思うほど人が溢れています。 なので余計に危機感は感じないと思います。 
 ホテルでは、まさに将来の日本を暗示しているかのような錯覚になりましたが、上手にshrinkするstrategyがなければ、うまくいかないことは自明です。 いつまでも拡大路線で行くことは、無理なことはわかっているのに、幻想を追い求めてしまうのは危険です。 人は、自分の今まで経験したことで判断する動物で、shrinkを経験している日本人はほとんどいないので、考えられないのだと思います。 政治家は、わかっていても言えないことも承知しておかないといけません。 経験していないことでも予想できることは多いはずです。 勉強もしながら、賢く、将来を見据えて、今の行動を考える必要があると、さらに思いました。 ty   
スポンサーサイト