教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



年度末を迎えて
 今日は、3月31日で年度末の本当の最終日となりました。今週は、移動の人は、引っ越しや挨拶などで忙しかったことでしょう。様々な場所で送別会や荷物の片付けの光景を目にしました。本当に送る方も、送られる方も、忙しい時期です。大学で学んだ、様々なことを土台にして、新たな場所で、また活躍されることをお祈りしております。
 私も、昨年の夏に病棟医長となり、新しい立場で、様々な周りからのサポートを受けながら、なんとかこの1年弱をこなしてきました。最も病棟運営に時間と労力を注いでいただいた、チューベンの先生方と循環器内科をローテートしてくれた研修医の先生方に、心からお礼を言いたいです。「ありがとうございました。本当に、ごくろうさまでした。」もうひとふんばり、次年度の主役となる平成24年度のチューベンの先生へ、仕事の仕方やコツを伝えていただき、円滑に引き継ぎと次年度の船出ができるよう、サポートをお願いします。 
 平成24年度の、循環器内科病棟の目標は、「さらに働き易い、みんなが成長できる職場にしたい」ということです。新年度からのシステムなどの変更点を少し書いておきましょう。
 まず一つ目は、医師医療事務専門のAさんが、病棟で働く医師・研修医のサポートをしてくれるようになります。とくに、最初は事務仕事/書類の仕事を覚えることも大変ですが、それもサポートしてくれます。間違いなく働き易くなることでしょう。でも、あまり頼りすぎると負担も多くなりますので、お互いが協力していくことを心掛けていただければと思っています。
 二つ目は、以前より懸案となっていた病棟心エコーの機械のことです。3/30に、非常に使用し易い、新しいエコーの機械が病棟に入りました。心エコーのみではなく、血管エコーも腹部エコーもできるようにプローベを用意してあります。これは、循環器内科のK先生のご尽力もあり早期に導入を実現する結果となりました。(K先生、本当にありがとうございました。)当然、full活用していただければと思いますが、機械が壊れないように強く意識して大切に使用してください。よろしくお願いします。
 医師も看護師も事務の方も、新人を迎えての新たな仕事場となります。今までの良いところは維持しつつ、改善すべきところは意見をだしあって、より働き易い、成長のできる職場にしていきましょう。

 ここからは、新チューベンの先生へのメッセージです。「病棟の医師の中での主役は、チューベンと研修医です。仕事を義務である、ととらえてやらされると感じるのと、活躍できる権利ととらえて、悩みながらも色々なことに挑戦するのと、どちらが成長できるでしょうか?」 これは自明です。「仕事ができる人ほど、仕事は回ってきます。」 忙しいときに、忙しくないように振る舞えたら、これは上司に対してのかなりのアピールになっています。(これは、私の個人的な意見です。) これは前に紹介しましたが、ソニー創業者の一人、井深 大さんの言葉で、「仕事の報酬は仕事だよ。」というのがあります。 まあ、そういうことです。周りより忙しい時には、そう評価されていると喜んでください。 でも、心が折れそうな時は、(内緒で)私に言ってください。当然、考慮するようにします。 
 つい先日、日本で一番のお金持ちと発表されたユニクロ経営者の柳井 正さんの言葉で、「自分の能力以上を求められる環境でなければ、個人の成長は難しいんです。」というのも参考になります(是非、少し古いですが、「一勝九敗」という本を読んでください)。自分の能力以上をしないといけない環境に身をおけること、これが成長の必要条件なのです。大学で仕事をするということは、臨床においても、そういう環境が手に入ったわけですし、同時に今までは自分が成長すれば良かった立場から、研修医と学生を成長させることも同時にしないといけない立場になったということです。さらに「研究」という新たなチャレンジのできる環境も手に入れたわけです。あまり精神的にプレッシャーを感じても仕方がないですが、この環境を楽しんでください。楽しめた人ほど、色々な意味で成長していることでしょう。 まあ、肩を張りすぎずに「”一緒に”ガンバリましょう」ということです。ty
スポンサーサイト